トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 大上放れのオリンパス

大上放れのオリンパス2019.05.24

かつて不祥事で株価が大暴落したオリンパス(7733)だが、ソニー(6758)との資本提携を行ない、見事に復活の形になってきた。

月足チャートを見るとそれがハッキリしており、2007年10月の最高値1330円と2015年8月の高値1260円の二つの大きな高値を今月ついに抜いて、歴史的な上放れの形になってきた。

業績も急回復の見通しになっており、証券会社のアナリストからも目標株価の引き上げが打ち出されてきている。歴史的な大上放れを見せて、今後どのようになっていくか大いに注目される。

■オリンパス(7733) 月足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら