トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > ドル円、下値サポートライン割れ

ドル円、下値サポートライン割れ2019.06.07

ドル円の月足チャートを見ると、2016年6月の底値99円台と昨年3月の安値104円台、そして今年1月の安値107円台を結んだ大きな右上がりの下値サポートラインが作られていた。

今週107円85銭まで円高が進んだことにより、この大きなサポートラインを下に突き破ってしまった。月足チャートでは典型的な三角もち合い下放れの形になっており、方向性としては更なる円高が予想される。

その中で反発局面も当然見込めるわけで、株式市場も大きく下げた株で下がらなくなっている銘柄も出てきている。為替相場の大きな方向性は踏まえたうえで、個別株に取り組むべきだと考える。

■ドル円 月足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら