金投資への見直し2019.06.14

アメリカの利下げ問題を始め、世界的に金利低下傾向が強まってきており、金相場にとって追い風ムードになってきた。

東証に上場している世界最大の金ETF、SPDRゴールド・シェア(1326)も5月29日の安値1万3200円から6月10日の高値1万3690円まで値上がりしてきた。

日足と週足チャートでは2月20日の今年の最高値1万4100円から作られていた右下がりの大きな上値抵抗ラインを上に突破してきた。

月足チャートでは2013年から作られていた大きなトライアングルを2月に上に突破していた。

週足チャートではMACDが上向きに転じ、3週線と13週線がゴールデンクロス寸前になっている。前回は昨年10月上旬に1万2920円でゴールデンクロスした後、今年2月の高値まで上昇相場が続いた。

世界的な景気悪化と金利低下という大きな流れに沿って、金への投資を考える局面に来ている。株式市場で自由に売買できる金のETFを活用しよう。

■SPDRゴールド・シェア(1326) 月足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら