トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 金相場、大きな上放れ

金相場、大きな上放れ2019.06.28

早見は5月からセミナーラジオ番組などで、金への投資を考えるべきだとお話してきた。今月に入ってからアメリカの利下げ期待や地政学的リスクなどを背景に金相場が急上昇してきている。

円建ての国内金先物相場は今週グラムあたり4900円台まで上昇し、2013年2月の最高値5080円台に一段と近づいてきた。

東証に上場している代表的な金ETFであるSPDRゴールド・シェア(1326)を指標として多くの投資家が見ているが、実際に投資するにあたっては短期投資の視点なら、同じく東証に上場している日経・TOCOM金ダブル・ブルETN(2036)を活用すると良いだろう。これは日経225レバレッジETFと同じで、東京商品取引所の金指数の2倍の値動きをするので投資効率が高い。各自で研究していただきたい。言うまでもないが、金は本来は長期投資で買うべきものだ。

■日経・TOCOM金ダブル・ブルETN(2036) 週足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら