トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 仮想通貨の盛り上がりと個別株

仮想通貨の盛り上がりと個別株2019.07.05

このところ仮想通貨(暗号通貨)がリスク回避を背景に大きな買い人気を集め、値上がりが目立っていた。

仮想通貨は投資助言の対象外なのでビットコインを始めとして売り買いの指示は一切出さないが、株式市場では関連株に動きが出てきていた。

関連株の代表格である東証二部のリミックスポイント(3825)は仮想通貨交換所「ビットポイント」を運営していることから、売買高の盛り上がりや値上がりは大きな追い風となる。株価は昨年5月の最高値1843円から大きく下げていたが、今年2月以降290円台でガッチリと底値を固めて、先週から目立った出直りを示していた。

先週は週足の一目均衡表で基準線を突破してきたが、今週は13週線と26週線がゴールデンクロス寸前になっている。いずれも昨年10月の天井打ち以降で初めての形であり、上下の荒い動きを見せながらも右上がりのトレンドへと本格的に進んでいくかどうか動きが注目される。

■リミックスポイント(3825) 週足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら