トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 注目度高まる「SaaS(サーズ)」

注目度高まる「SaaS(サーズ)」2019.08.23

クラウド経由でソフトウェアを提供するサービスである「SaaS(サーズ)」(Software as a Service)がこのところ注目度を高めてきている。深刻な人手不足を背景に政府も働き方改革を政策的に推進しており、企業でも業務の効率化、現場の負担軽減、コスト削減などに効果が大きい「SaaS」を導入する動きが広がってきている。

富士キメラ総研によると、国内の「SaaS」市場の規模は2022年度には6412億円で、17年度に比べ65・6%増加する予測になっている。

上場企業ではマネーフォワード(3994)、Sansan(4443)或いはスカラ(4845)といったところが関連企業だが、特に株価的に変化が強まってきたのは東証一部のスカラだ。4月と6月に付けていた1004円から1009円にかけての上値抵抗ラインを先週突破し、上放れ相場になってきた。

■スカラ(4845) 週足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら