上昇続くREIT相場2019.08.30

世界的な金利の低下傾向が続き、ついにアメリカでは2年債と10年債の利回りが逆転する逆イールド現象も12年ぶりに起きてしまった。このため、利回り面から優位性が高まっているREITに対する買い人気が終わらない。早見も8月17日のサンワード貿易主催のセミナーで、改めてREITを買い推奨した。

東証REIT指数の月足チャートを見ると、今月は2087ポイント台まで上昇し、2007年8月以来12年ぶりの高値になっている。

その2007年5月に記録した2612ポイントの大天井に向けて、さらに値上がりしていくか大いに注目されるが、2007年相場はその大天井に向けて急上昇傾向に弾みがついた、いわばバブル相場の形になっていた。今回もその時以来の状況になりつつあるかに見える。

■東証REIT指数 月足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら