トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 建設株指数に強気変化

建設株指数に強気変化2019.10.25

建設株指数は2017年11月の1504ポイントが大天井で、その後今年8月の安値987まで値下がり局面が続いていた。

しかし9月から上昇に転じ、月足チャートでは12ヵ月線を突破し、月足のMACDも上向きに転じた。これは2017年の大天井以降で初めてであり、建設株全体の強い変化を示唆している。

週足チャートでも一目均衡表で遅行線と週末線がゴールデンクロスしてきたが、週足の基準線も上向きに転じており、これも2017年の天井打ち以降で初めてとなっている。

国土強靭化など新たな切り口が加わり、建設株全体に見直しムードが高まっていくのではないかと思われる。大手ゼネコンから小型株に至るまで幅広く目配せをしていこう。

■建設株指数 月足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら