トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > エナリスに見るロスカットの大切さ

エナリスに見るロスカットの大切さ2014.11.07

以前会員向けの週刊レポートでも取り上げたことがあるエナリスの株価が手仕舞い売りを指示した後、悪材料で株価が暴落していった。

前回のレポートでもそのことについては書いておいたが、株価は今年1月の最高値が2585円、6月の戻り高値が2074円だった。それが10月にネット系の情報でこの会社の不明瞭な資金の流れについて指摘されたことで一気に投資家の不安感が高まり、10月31日には540円まで暴落していった。

早見は推奨銘柄については各自の買い値から2割値下がりした場合は、ロスカットルールに基づき速やかに手仕舞い売りするように明記している。また、週刊レポートで改めて手仕舞い売りの指示を書いておいたので、その時に売っていたとしてもその後の暴落による損失拡大は回避出来ているわけだ。折に触れてお伝えしているように、株式投資は利益が保証されているわけではない。

今回のように誰も気づいていなかった悪材料が突然表面化して株価が暴落するようなことは起こり得る。常に株価の動きで見極めを付けていかなければならない。材料にこだわったり、銘柄に惚れこんでしまうと、売るべき時に売れずに致命的な大損を被ったり、長期塩漬けになるのも個人投資家に良くあることだ。

どのような銘柄にせよ、自分の買い値から2割下がった時には見切りをつけて手仕舞い売りをしておこう。その上で改めてその株の買いのタイミングを探ったり、別の銘柄に目を向ける等、柔軟に対応するようにして頂きたい。ロスカットルールは自分の身を守るために必要なことなので、くれぐれも都合よく考えないようにしよう。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら