下放れたTOPIX2019.05.10

『相場観』コラムでも解説したが、昨年12月の底打ちから日経平均と共に上昇に転じていたTOPIXが、3月上旬以降1630ポイント前後で何度も高値を付けてピタリと頭を押さえられていた。

その上で今週は急落しており、また26週線を割り込んできた。

今週は5週線と26週線、週足のMACDが揃って下向きに転じており、既に右下がりが続いていた52週線と合わせて右下がりに大きく揃ってきたのは、昨年10月に天井打ちした直後以来のことである。

チャート的には厳しい形に戻ってきており、ここは十分に注意して見ていく必要がある。

■TOPIX 週足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら