トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 有機ELパネルの生産拡大続く

有機ELパネルの生産拡大続く2017.10.27

イギリスの調査会社IHSマークイット社によると、世界全体の有機ELパネル生産能力は2022年に5010万平方メートルになり、2017年に比べて4・2倍に拡大すると予測されている。

主にスマホ向けの需要が高まることが要因だが、テレビに使う有機ELパネルも2017年に比べて6・1倍に拡大すると見込まれている。

したがって有機ELパネル製造装置の関連株が注目されるが、早見は9月30日の東京セミナーで、東証一部の平田機工(6258)を買い推奨した。当時1万1500円台だったが、今週27日には1万2820円まで値上がりしてきた。

今週は5週線と13週線がゴールデンクロスしてきており、9月の月足も極めて長い下ヒゲを引いて底打ちしているので、6月の上場来高値1万3000円を抜きにいく可能性が大きいと見ている。

東京セミナーを受けてこの株を買った方々には持続をお勧めしておく。

■平田機工(6258) 週足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら