トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 手のひらサイズの通訳デバイス「ポケトーク」に注目

手のひらサイズの通訳デバイス「ポケトーク」に注目2018.03.16

2020年の東京五輪に向けて外国人観光客もまた増加してきており、インバウンド関連の銘柄も要注目だが、東証一部のソースネクスト(4344)が昨年12月に手のひらサイズの通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」を発売した。これは63の言語に対応するもので、双方向のコミュニケーションが可能だ。ネット上の翻訳エンジンを使う為、事前登録した単語で翻訳するよりも語彙が豊富なのもポイントだ。全国のホテル、ドラッグストア、化粧品売り場、空港などで導入が進んでいる。

3月11日付の日経ヴェリタスによると、昨年10月の予約受付から僅か11日で初回生産分が完売し、現在も品薄状態だという。12月にはアメリカやカナダでの独占販売権も取得した。

東証二部のパシフィックネット(3021)も子会社のケンネットがこの「ポケトーク」のレンタル販売を開始すると発表し、パシフィックネットの株価も急上昇して新高値になった。

ソースネクスト(4344)の今後の株価の行方も注目される。

■ソースネクスト(4344) 月足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら