臨時コラム

8月に入っても今年の最高値を更新していたTOPIXは8月7日に天井を打って急落し、14日に5日線と25日線がデッドクロスしてしまった。これは前回3月23日以来約5ヵ月ぶりだ。

続きを読む

日経225については定期的に銘柄の入れ替えが実施されており、通常なら10月初めに実施されるので、9月上旬に新規採用と除外銘柄についての発表が行なわれる可能性が大きい。

続きを読む

4月から6月にかけて力強い上昇トレンドを描いていたマザーズ指数だが、6月23日に最高値を付けて週足は2本連続陰線で急降下してきた。今週は7月4日の安値を割り込み逆N字型に変わったが、週足のMACDもデッドクロスしてきた。

続きを読む

7月26日付の日経新聞朝刊で、シャープ(6753)の4-6月期連結最終損益が150億円前後の黒字になった模様だと報じられた。前年同期の274億円の赤字から大きく回復しているが、四半期ベースではこれで3四半期連続の最終黒字となり、尚且つ4-6月期としては7年ぶりの黒字転換だ。

続きを読む

新興市場でマザーズ指数が調整局面に入っていた。6月23日に1210ポイント台で今年の最高値を付けて、昨年4月の高値にあと一歩と近づいていたが、そこから急落を繰り返し調整局面に入って、今のところ7月4日以降1144のところでピタリと下げ止まっており、下値抵抗ラインを作っている。

続きを読む

日本国内でもビットコインで支払いが出来る店舗が次第に増えてきているが、大手家電量販店のビックカメラ(3048)が今月中に全店で仮想通貨「ビットコイン」による支払いに対応できるようにする。系列の家電量販店コジマ(7513)でも一部の店舗で導入し、日本人だけでなく訪日外国人の買い物など、利便性の向上に繋げる狙いだ。

続きを読む

かねてからセミナーの場や週刊レポートなどで繰り返し指摘してきたことだが、このところローソク足チャートの常識とも言える「長い上ヒゲをつけたら天井」という捉え方が覆される動きが続出している。

続きを読む

周知のようにかねて不祥事が社会問題にまでなっていた東芝(6502)について、東証が8月1日付で第二部市場への指定替えを正式に発表した。当然、日経225採用銘柄から除外されることになる。

続きを読む

6月20日付の日経新聞朝刊でも報じられたが、安川電機(6506)が産業用ロボットの月産台数を現在の3000台から5000台に引き上げる。中国で自動車の生産が拡大しており、この関連で車の製造ラインで使うロボットの需要が大きく増えると見込まれている。

続きを読む

かねてから投資家や市場関係者の間では、非上場の自動運転関連ベンチャー企業であるZMPの動向が注目されていた。

続きを読む

1 / 2112345...1020...最後 »
☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら